バンドヒーターのことなら北名古屋市の愛西電熱へ

バンドヒーター・スペースヒーターの専門メーカー 愛西電熱

  • お問い合わせ
  • 見積り依頼・注文書
  • 0568252221
  • 0568252241

〒481-0043 愛知県北名古屋市沖村天花寺128

バンドヒーター

低温から中温域まで幅広く対応するバンドヒーター

バンドヒーター

用途

合成樹脂、ゴムなどの押出成型機、射出成型機、ノズルといった円筒形の被加熱体を加熱するのに用いられます。

特徴

マイカ板で絶縁された電熱体を金属外装版で被覆したヒーターで、円筒形をしています。軽量で薄型のため、円筒形の被加熱体に対して密着させ、高効率で加熱することができます。

様々な用途に合わせたバンドヒーターはこちらから

バンドヒーターについて

使用項目
使用範囲 MAX350℃(ヒーター温度)でご使用ください。一時的には450℃まで耐えたりします。
素材 SUS430・ボンデ鋼板が一般的になります。特注で熱伝導の良いアルミや真鍮板でも加工できます

バンドヒーター技術資料はこちら

様々な用途に合わせたバンドヒーター

バンドヒーターは、対象の周囲を巻くように密着して取り付けます。

したがって、シリンダーやタンクのパイプ加熱といった円筒状のものを温めるために使われることが多いです。

オリジナル製造商品のため加工するコストが安く、長年の経験からお客様のニーズにお応えする構造にて製作し、多くの会社で使用されています。

角型バンドヒーター

角型バンドヒーター

正方形や長方形などの角型の外周を加熱できます。
穴加工や押え板との一体型などさまざまな形状実績を持っております。

角型バンドヒーターの詳細はこちら

穴加工付バンドヒーター

穴加工付バンドヒーター

センサー管やボルトなどの突起物を避けて加工できます。
穴は丸型・楕円型・角型等ご要望にお答えできます。

穴加工付バンドヒーターの詳細はこちら

プラグ台付バンドヒーター

プラグ台付バンドヒーター

面倒な配線作業なくヒーターを交換することができます。
また、電源部を露出していない為感電防止にもなります。
絶縁耐熱プラグも数種類取り揃えております。

プラグ台付バンドヒーターの詳細はこちら

端子カバー付バンドヒーター

端子カバー付バンドヒーター

通常は端子部(電源部)をBOXで、覆い隠す事によって感電や通電付着物防止などに効果があり機械作業者の安全性が向上します。

端子カバー付バンドヒーターの詳細はこちら

端子台内蔵型バンドヒーター

端子台内蔵型バンドヒーター

複数のヒーターを並べて使用されている場合には、配線が複雑になってしまいます。一つのヒーターに効率良く配線収納でき、他ヒーターとのメンテナンス性も向上します。

端子台内蔵型バンドヒーターの詳細はこちら

R角型バンドヒーター

R角型バンドヒーター

角型とR型が組み合わさったような形状も密着性を高める構造にて製作しております。
手作業による板金加工ですので場合によっては製作不可能な形状もあります。

R角型バンドヒーターの詳細はこちら

安全サーモ付バンドヒーター

安全サーモ付バンドヒーター

可昇温度を防止できるように、ヒーター本体に温度スイッチを取り付けての製作も可能です。30~220℃付近までの温度を段階的に選択できます。(最大電流値により制限があります)

安全サーモ付バンドヒーターの詳細はこちら

熱の事なら何なりと、お気軽にご相談ください!!

  • 0568252221
  • 0568252241
  • メールでのお問い合わせ
  • 見積り依頼・注文書

バンドヒーターの特徴・用途

ASDバンドヒーターは、発熱線に高温耐熱ニッケル・鉄クロムリボン線、絶縁層に高級耐熱マイカ板を使用し、金蔵外装版とともに圧縮成型しているため、機械的強度に優れ、30℃から350℃までの幅広い温度帯で使用することができます。
合成樹脂、ゴムなどの射出成型機・押出成型機といった円筒状の被加熱体に最も適しています。
1ピース型と2ピース型を標準品として用意していますが、3ピース型やそれ以上のものもご要望に応じて製作しております。

自社オリジナルのバンドヒーターのメリット

愛西電熱のバンドヒーターは、高級耐熱マイカにニッケルクロムや鉄クロムを配線し、ステンレスやマイカなどの金属板で絶縁後、圧縮成形したものです。
「バンド」と名付けられている通り、金属板を円筒状・帯状に仕上げ、バンドでしっかりと巻きつけて対象物を温めていきます。
耐熱温度は、30℃の低温から350℃の中温域までと幅広く対応しています。

マイカを利用し、なおかつ愛西電熱のオリジナル製造商品のため加工するコストが安く、長年の経験からお客様のニーズにお応えする構造にて製作し、多くの会社で使用されています。

バンドヒーターの実例

バンドヒーターは、対象の周囲を巻くように密着して取り付けます。
したがって、シリンダーやタンクのパイプ加熱といった円筒状のものを温めるために使われることが多いです。
また、ドラムの加熱においては、中のオイル温度を高めの適温にしてくれるので、冬場の作業が効率的に行えます。

そのなかでも、バンドヒーターは、プラスチックなどの射出成形機に一番使われているかもしれません。
射出成形機とは、樹脂などの原料を溶かし、それを鋳型に流し込んで、急速冷却し加工していく機械です。
私たちの身近にある自動車・携帯電話の部品、医療器具、チューブやフィルムなど多くの製品を作り上げています。

バンドヒーターは原料が冷えて固まるのを防ぎ、樹脂成形機の熱加工をバックアップしています。
主に工業向け製品に使われるため、一般に関わる機会はほとんどありませんが、私たちの生活を支える、なくてはならない縁の下の力持ちです。

バンドヒーター技術資料はこちら

バンドヒーターの注意点、当社で注文するメリット

バンドヒーターは交換をする際に、しっかりと掃除していただく必要があります。
埃や汚れなどが付着していると、たとえ微小でも、不均一加熱がおこり、電熱の寿命を大幅に縮めることに繋がります。
これが「ホットスポット」と呼ばれる現象です。

また締め付けが十分でなく、ゆるみが生じていることも、ホットスポットが起きる原因になります。
これを防ぐためには、交換や取り付けの際に、しっかりと温める対象に適した電熱製品を作ることです。

   

愛西電熱では、1ピース型(一方向から差し込むタイプ)や2ピース型(両側から差し込むタイプ)、他にも3ピース型や4ピース型まで多数の在庫を用意しています。
またオリジナル自社製品だからこそ、お客様のさまざまなニーズにお応えできるよう、規格外のサイズ、穴加工や切欠けなどさまざまな特注品を作ることが可能です。
直径、幅、使用用途などを聞かせていただければ、丁寧にお答えします。ぜひご相談ください。

バンドヒーター規格品一覧

□1ピース型及び2ピース型
バンドヒーター
80φ(mm) 巾(mm) 電圧 容量
50 200V 400W
80 200V 600W
100 200V 750W
90φ(mm) 巾(mm) 電圧 容量
50 200V 450W
80 200V 700W
100 200V 850W
100φ(mm) 巾(mm) 電圧 容量
50 200V 500W
80 200V 700W
100 200V 1000W
120φ(mm) 巾(mm) 電圧 容量
50 200V 600W
80 200V 900W
100 200V 1150W
150φ(mm) 巾(mm) 電圧 容量
50 200V 600W
80 200V 900W
100 200V 1400W
180φ(mm) 巾(mm) 電圧 容量
50 200V 700W
80 200V 1100W
100 200V 1700W
200φ(mm) 巾(mm) 電圧 容量
50 200V 950W
80 200V 1500W
100 200V 1800W
250φ(mm) 巾(mm) 電圧 容量
50 200V 1200W
80 200V 1900W
100 200V 2500W

熱の事なら何なりと、お気軽にご相談ください!!

  • 0568252221
  • 0568252241
  • メールでのお問い合わせ
  • 見積り依頼・注文書

ページトップへ戻る