セラミックヒーター|バンドヒーター・スペースヒーター(プレートヒーター)・各種工業用ヒーターなら北名古屋市の愛西電熱へ

株式会社愛西電熱

  • お問い合わせ
  • 見積り依頼・注文書
  • 0568252221
  • 0568252241

〒481-0043 愛知県北名古屋市沖村天花寺128

ヒーター製品

セラミックヒーター

特徴・用途

遠赤外線セラミックヒーターは、赤外線加熱することにより放射された電磁波が被加熱物で反射・吸収・透過を行い、
このうち吸収された粒子が被加熱物の分子を共振振動させ、その摩擦熱により加熱が行われるというものです。
自動車・食品・印刷・塗装・電気・電子・プラスチック加工・繊維・建材・陶磁器・医療機器など様々な分野で、
加熱・乾燥・熱処理に多数使用されています。

バータイプヒーター  HLS/IRS/FSL/SBM
角型フラット/ラウンドヒーター  SHTS/HTS/FSR
その他特殊ヒーター
エルシュタイン社赤外線ヒーターシステム
ELSTEIN
独、エルシュタイン社は、1950年赤外線セラミックヒーターの世界で唯一のメーカーとして、創業開始し、その後自身のパテントとプロセスをさらに進化させ、その最新技術によって今日より高品質、高効率の製品を世に送り出しています。
国内外の他社によるコピー品が多数出回っていることからも、その独創性、高信頼性、高品質が証明されています。現在、自動車、食品、印刷、塗装、電気、電子、プラスティック加工、パルプモールド、建材、繊維、陶磁器、医療機器関連のいろんな業界にて、そのクリーン加熱の特長を生かし、加熱、乾燥、熱処理の分野で多数使用されています。
エルスティン社はその草分け的メーカーとして、豊富な経験から新たな用途や熱処理技術の開発にも積極的に取り組んでいます。
赤外線加熱について
一般に赤外線を用いた加熱としては、約0.7~80μmの波長範囲で行われますが、エルスティン社赤外線セラミックヒーターは黒体の放射率に近い放射体ですので、約2~10μm(中~遠赤外線領域)の広い範囲に適合し、材質による波長選択に依存しません。赤外線加熱は放射された電磁波が被加熱物で反射、吸収、透過を行い、このうち吸収された粒子が被加熱物内の分子を共振振動させ、その摩擦熱により加熱が行われるというものです。
効果的な加熱を行うには、被加熱物の吸収率を赤外線の波長に合わせる必要があります。さらに、ヒーターの照射効率、出力エネルギー密度、被加熱物の温度差、その他損失などにより大きく左右されます。基本的には以上のような条件のもとで、ゾーン制御等均一温度コントロールを併用して、品質向上や時間、コストの削減を実現します。
主な製品について
 主な製品は、赤外線セラミックヒーターエレメントを中心にそれらのマトリクスパネルヒーター、各種取り付け金具、及び効率改善用各種反射板、温度コントロール用各種セットアップ機器などがあります。実際には標準品以外の任意形状、熱電対内蔵仕様、100V仕様、任意パネル、反射板等も製造していますので、お気軽にご相談ください。
ヒーターエレメントとしては、バータイプのHLS,IRS,FSLシリーズ、角形フラットヒータのSHTS,HTSシリーズ、角形ラウンドタイプのFSRシリーズ、ソケット型円形フラットタイプのIOTシリーズ、ボール型のKSS,IPO、円形リングタイプのRSA,RFS、垂直バータイプのSBM,IRS/Kタイプなどがそろっています。

熱の事なら何なりと、お気軽にご相談ください!!

  • 0568252221
  • 0568252241
  • メールでのお問い合わせ
  • 見積り依頼・注文書

ページトップへ戻る