バンドヒーター 技術資料|バンドヒーター・スペースヒーター(プレートヒーター)・各種工業用ヒーターなら北名古屋市の愛西電熱へ

バンドヒーター・スペースヒーターの専門メーカー 愛西電熱

  • お問い合わせ
  • 見積り依頼・注文書
  • 0568252221
  • 0568252241

〒481-0043 愛知県北名古屋市沖村天花寺128

バンドヒーターの特徴

バンドヒーターの特徴

使用範囲:

MAX350℃(ヒーター温度)でご使用ください。一時的には450℃まで耐えたりします。

素材:

SUS430・ボンデ鋼板が一般的になります。特注で熱伝導の良いアルミや真鍮板でも加工できます。

製作可能サイズ:

最小 径25φ以上 巾20mm以上   最大 径∞ 巾300mm
(径・容量によって異なります)

バンドヒーター 容量の計算

容量の計算

バンドヒーターは接触面積に対して入っている容量(W数)に応じ、表面の温度が変わります。
一般的にW密度と呼ばれ、高いと発熱量は大きいが断線しやすく、低いと発熱量は小さいが長持ちします。
形状や板圧・大きさによって異なりますが、最大4.5~5W/cm2までが安全基準となります。

容量の計算方法

W密度(W/cm2)=W÷内径(φ)÷3.14÷巾(cm)
保温-0.1~1W/cm2 (温度調節器が無くても断線しにくい)
予備加熱-0.5~2W/cm2 (簡易的な制御が必要)
成形機関係-2~4.5W/cm2 (きちんとした制御を要する)

W密度目安表(飽和状態での表面温度)

安全にお使い頂く為に

安全にお使い頂く為に、以下をお読みください。
  • 御使用、取付けの際は必ず電源を切って作業を行ってください。
    (感電・やけどの原因になります)
  • ヒーターの定められた電圧で御使用ください。
    (電力不足や断線の原因に繋がります)
  • W密度は3W/c㎡になるよう寸法・ヒーター電力を決めてください。
  • 感電・断線の恐れがありますので、製品を曲げたり叩いたり、穴加工などは行わないようにして下さい。
  • 本製品は防水ではありません。水中(液中)では使用できません。感電、漏電、故障の原因になります。製品の絶縁が落ちるような環境では使用しないで下さい。
  • ヒーターは必ず被加熱物に密着させてヒーター表面温度を350℃以下で温調し御使用下さい。
  • 結線には耐熱電線を御使用ください。
  • 結線後、端子部には必ず安全碍子を装着し、電極部を露出しないようにしてください。
  • 再度御使用になる際は必ず導通・絶縁抵抗を確認のうえ電源を供給してください。
  • バンドの締め付けが緩い場合に空焼き現象で断線する恐れがあります。
  • 製作品より小さな経での使用は空焼きになります。規定の経に密着させてご使用ください。
  • 内径が大きい場合はスリーピース型など分割することをお奨めします。
  • リード線付きの製品の場合、リード線を強く引っ張らないでください。故障の原因になります。
  • ヒーターに異常を感じられる場合は御使用せず、電気資格者・メーカーの指示に従って御使用下さい。

熱の事なら何なりと、お気軽にご相談ください!!

  • 0568252221
  • 0568252241
  • メールでのお問い合わせ
  • 見積り依頼・注文書

ページトップへ戻る